初診予約

再診予約

治療費用

初診

一般不妊

体外受精関連

男性の検査

凍結胚(卵)・精子の移送

初診

女性
(血液検査・超音波検査・診察を含む)

約30,000円

男性
(血液検査・精液検査を含む)

約10,000円

セカンドオピニオン(30分)

11,000円

一般不妊

卵管造影検査

約8,000円

ヒューナー検査

約1,000円

人工授精
※精子調整代は別途かかります

約22,000円

体外受精関連
(全て自費診療となります)

血液検査

ホルモン検査各種
(E2、LH、FSH、P4、HCG)
※1項目あたり

1,200円

フォローアップ採血
(1回/6ヶ月毎、女性のみ)

8,000円

感染症検査
(1回/年)

7,450円

診察

医師診察

3,000円

超音波検査

超音波検査

2,700円

体外受精プラン

新鮮胚移植
(分割期胚)

新鮮胚移植
(胚盤胞)

全胚凍結
(分割期胚)

新鮮胚移植
(分割期胚)
新鮮胚移植
(胚盤胞)
全胚凍結
(分割期胚)
(胚盤胞)

費用(税込)

採卵

58,300円

精子調整

7,700円

体外受精

11,000円

培養 分割期胚

11,000円

培養 胚盤胞期胚

33,000円

胚凍結 凍結

33,000円

胚凍結 保管/年間
(1個あたり)

11,000円

胚移植

60,500円

凍結胚融解

22,000円

アシストハッチング
(凍結胚盤胞胚融解時のみ)

11,000円

合計(税込)

148,500円~

181,500円~

214,500円~

管理技術料

(妊娠成立し胎児心拍確認頃)

新鮮胚移植
(分割期胚)
新鮮胚移植
(胚盤胞)
全胚凍結
(分割期胚)
(胚盤胞)

費用(税込)

管理技術料

330,000円

  • ※妊娠成立時(胎児心拍確認時)に管理技術料をお支払いいただきます。


  • ※全胚凍結の移植は次週期以降となります。
  • ※「△」の項目は、必要に応じて実施する検査となります。
  • ※内服薬、卵巣刺激等に関わる費用は含まれておりません。
  • ※顕微授精プランの場合、当日の精液の状態より医師の判断で精子活性やHOSTを行わせていただく場合があります。

顕微授精プラン

詳細はこちら

新鮮胚移植
(分割期胚)

新鮮胚移植
(胚盤胞)

全胚凍結
(分割期胚)

新鮮胚移植
(分割期胚)
新鮮胚移植
(胚盤胞)
全胚凍結
(分割期胚)
(胚盤胞)

費用(税込)

採卵

58,300円

精子調整

7,700円

顕微授精 1個

27,500円

顕微授精 追加
(1個あたり)

5,500円

培養 分割期胚

11,000円

培養 胚盤胞期胚

33,000円

胚凍結 凍結

33,000円

胚凍結 保管/年間
(1個あたり)

11,000円

胚移植

60,500円

凍結胚融解

22,000円

アシストハッチング
(凍結胚盤胞胚融解時のみ)

11,000円

合計(税込)

165,000円~

198,000円~

231,000円~

管理技術料

(妊娠成立し胎児心拍確認頃)

新鮮胚移植
(分割期胚)
新鮮胚移植
(胚盤胞)
全胚凍結
(分割期胚)
(胚盤胞)

費用(税込)

管理技術料

330,000円

  • ※妊娠成立時(胎児心拍確認時)に管理技術料をお支払いいただきます。

  • ※体外受精及び顕微授精に関わる診療費は保険適応外になります。
  • ※凍結胚・凍結精子は1年間毎に保管の更新ができます。更新月の前に登録のご住所に手続きの書類が届きます。
  • ※領収書の再発行はいたしませんので大切に保管してください。助成金申請の際に必要となります。
  • ※感染症採血をしていただけない場合、感染症管理料(22,000円)が別途発生します。
  • ※この費用は予告なく改訂する事があります。

2021年4月改訂

不妊治療費用助成制度が利用できます

当院は、群馬県・長野県・埼玉県・さいたま市・東京都・新潟県の不妊治療費用助成制度指定医療機関に指定されています。 詳しくはお住まいの地域の地方公共団体(各都道府県庁・市町村役所など)にご確認ください。

男性の検査

感染症採血
(1回/年)

7,450円

精液一般検査

5,500円

男性不妊外来
(血液検査・尿検査・超音波検査・診察を含む)
※血流検査・尿検査は事前に受けていただきます。

5,000円

凍結胚(卵)・精子の移送関連費用

他院から当院への受け入れの場合

凍結胚(卵)保管/年間
(1個あたり)

11,000円

精子保管/年間
(1本あたり)

5,500円

  • ※当院の移送容器を使用する場合には上記の費用に加え、下記の費用がかかります。
移送容器使用料など
(液体窒素充填含む)

16,500円

  • ※凍結胚(卵)・精子の移送に関する取り決めは、病院により異なります。事前に移送予定の病院に受け入れや持ち出しが可能かどうかご確認ください。
  • ※凍結保存の方法により受け入れが出来ない場合がございます。
  • ※ご自身で移送せず、移送専門業者や宅配業者を使用する場合には別途費用がかかります。

当院から他院へ持ち出しの場合

当院の移送容器を使用する方
(移送容器使用料・液体窒素充填含む)

33,000円

他院の移送容器を使用する方

11,000円