初診予約

再診予約

自然・低刺激周期での体外受精

~体への負担を最小限にした治療

当院では、排卵誘発剤によって多数の卵子を育てるのではなく、体が選んだ質の高い卵を採取することが重要と考え、 薬剤を全く使用せず自然に発育した卵による「自然周期」と、排卵誘発剤の使用量を最小限にした「低刺激周期」による体外受精を選択しております。 良好な卵を採取できるだけでなく、子宮の着床環境も悪化させず、新鮮胚移植が可能となります。低刺激法は、ホルモン剤による副作用も少なく、体への負担は非常に少ない治療法です。

薬剤によって排卵日をコントロールすることはせず、卵の発育に合わせ、最適なタイミングで治療するために年末休診以外、毎日体外受精を行える体制を整えております。

体外受精・顕微授精の流れはこちら