初診予約

再診予約

不妊治療

1.タイミング法

排卵日を予測し、性交を行うタイミングを指導する不妊治療法です。排卵日の2日前から排卵日までに性交渉があると妊娠しやすいと言われています。
当院では経腟超音波検査による卵胞径計測に加え、ホルモン検査(血中エストラジオール、血中LH)を組み合わせ、的確な時期にタイミング指導を行います。
性交障害の方にはシリンジ法(自己注入法)の指導を行っております。

2.排卵誘発法

排卵誘発剤(内服薬や注射薬)によって卵巣を刺激して排卵を起こさせる方法です。通常、排卵のない方や排卵が起こりにくい方に行います。多胎妊娠予防のため、誘発剤使用は慎重に行っております。生殖補助医療の際にも使用します。

3.内視鏡手術

腹腔鏡手術では、子宮内膜症や子宮筋腫、卵管水腫などの治療を行います。子宮鏡手術では、妊娠の妨げになるような子宮内のポリープや子宮筋腫を切除することができます。

4.人工授精

精液を調整して運動精子を集め、排卵の時期に合わせて細いチューブを用いて子宮内に注入する不妊治療法です。軽度男性不妊症(精子が少ない・運動率が低い)、子宮頸管粘液不適合(ヒューナーテスト不良)、性交障害の方が適応となります。

5.体外受精・顕微授精

「体外受精」とは、卵巣から卵を採取し(採卵)、体外で精子と受精させ、後日受精卵を子宮内に戻します(胚移植)。 一般不妊治療では妊娠が困難な、卵管性不妊症(卵管閉塞などの卵管通過障害)、男性不妊症、免疫性不妊症(抗精子抗体陽性)、原因不明不妊症が適応となります。
高度男性不妊症の方や体外受精で受精しない場合は、細いガラス管を使って卵の中に直接一つの精子を注入して受精させる「顕微授精」を行います。

体外受精・顕微授精の流れはこちら