初診予約

再診予約

プレコンセプションケア

「プレコンセプションケア」とは?

コンセプションとは妊娠のことで、プレコンセプションケアとは、妊娠前からのご夫婦やカップルの健康管理のことです。2006年に米国疾病管理予防センター(CDC)が提唱した概念です。

ご自身の体や生活と向き合い、正しい知識に基づいて生活習慣を見直し、妊娠や将来に向けた体づくりを目指すこと。それが「プレコンセプションケア」です。 決して難しいことではなく、元気に赤ちゃんを迎えられよう、私達と一緒に体づくりをしていきましょう。

当院では、初診時に下記のチェックシートを利用し、皆さまの状態を確認し、プレコンセプションケアをサポートいたします。

「プレコンセプションケアチェックシート」はこちら

プレコンセプションケアの実際

元気に赤ちゃんを迎えるためには、適正体重であること、バランスのよい食事、運動習慣があることが大切です。また、喫煙や過度の飲酒は控えるべきです。食生活や生活習慣を変えることは容易ではありません。当院では、皆さまの状況に合わせて、アドバイスやサポートをしたいと考えております。妊娠前に感染症検査(風疹・性感染症)やがん検診を受け、自分自身の状態を把握し、必要があればワクチン接種をしておきましょう。当院でも、ワクチン接種・感染症治療・がん検診を行います。

持病がある方は、主治医の先生に妊娠してよいか相談し、妊娠しても問題のない服薬内容に変更してもらいましょう。内科的治療やフォローが必要な高血圧、糖尿病、糖尿病境界型の方は、当院系列の佐藤病院内科と連携して対応しております。妊娠してからも引き続きサポートいたしますのでご安心ください。

男性のプレコンセプションケア

肥満は精子所見に影響する上、早産や低出生体重児出産のリスクが優位に上昇するという報告があります。また、喫煙や過度の飲酒も男性不妊の原因となることが分かっています。 当院では、男性側にもプレコンセプションケアチェックシートを利用し、現在の状態に合わせて妊娠に向けた体づくりをご提案しています。

栄養面のサポート体制について

良質な卵の発育や整った着床環境を作るうえで重要な要素の一つが「栄養」と考えています。私たちの体は食べたもので作られていきます。適切な栄養を摂ることは、妊娠しやすい体をつくる上で基本となります。また栄養は、妊娠してからの赤ちゃんの発育や母体の合併症の発症にも影響しますので、母子ともに健康に出産するためにも大切です。

当院では、初診受診された全ての患者さまに、管理栄養士から「栄養相談」を行っております。食事内容、栄養バランス、サプリメントのことなど、普段気になっていることを遠慮なくご相談ください。

下記に該当する方は、栄養士による「個別栄養相談」をお勧めしています。3日分の食事記録をご用意いただき、それをもとに患者さま一人ひとりの状態に合わせた食事内容や食生活のご提案をいたします。ご自身で食生活を見直すことは大変ですが、当院でサポートいたしますのでお任せください。

個別栄養相談をお勧めしている方

適正体重でない方(BMI 18.5未満または25以上)

高血糖状態の方(HbA1c≧5.6%)

高血圧の方

プレコンセプションケアチェックシートで食事項目に問題を認める方

血液検査で下記を認める方
(低蛋白血症、亜鉛欠乏症・VitD欠乏症・鉄欠乏症)

個別栄養相談

完全予約制
月曜~土曜 午前・午後 1回20分

※受診日の診療待ち時間に合わせて行います

当院取り扱いサプリメント

マルチビタミン・ミネラルのサプリメント

MVM

妊娠前、妊娠中に重要な役割を担う20種類のビタミンとミネラルを配合した
「オールインワンサプリメント」

食べ物に近い天然由来成分にこだわって作られたために1日のカプセル数は多くなっていますが、日本国内のGMP認定工場で作られた安心のサプリメントです。

GMPとは製品の「安全」と「一定の品質保持」のための製造工程管理基準のことです。

240カプセル・30日分(1日8カプセル)

規格成分(8カプセルあたり)
成分名配合量原料(配合量)β-カロテン 3,000μg, ビタミンD 20μg, ビタミンE 100mg,ビタミンC 200mg,ビタミンB1 10mg, ビタミンB2 10mg,ナイアシン 30mg,ビタミンB6 20mg,ビタミンB12 60μg,葉酸 800μg, パントテン酸 5mg,ビオチン 300μg,ホスファチジルコリン 10mg,イノシトール 20mg,カルシウム 200mg, マグネシウム 100mg,セレン 50μg,亜鉛 15mg,クロム 100μg,鉄 6mg

エレビット

800μgの葉酸を含む12種類のビタミンと6種のミネラルを配合した
「プレナタル*サプリメント」
※*妊娠・妊娠準備期間のためのサプリメント

無味無臭の小粒の錠剤となっており、毎日飲み続けられるように工夫して作られています。

90錠・30日分(1日3錠)

規格成分(3錠あたり)
葉酸 800µg,ビタミンB1 1.3mg,ビタミンB2 1.5mg,ナイアシン12mg,ビタミンB6 1.4mg, ビタミンB12 2.8µg,パントテン酸 5.0mg,ビオチン 50µg,ビタミンC 100mg,β-カロテン 7,200µg, ビタミンD 7.0µg,ビタミンE 6.5mg,カルシウム 125mg, マグネシウム 100mg,鉄 21.5mg,亜鉛 7.5mg,銅 0.9mg,マンガン 1.0mg

補充用単独のサプリメント

VitaminD+葉酸

妊娠に必要な栄養素「ビタミンD」と胎児の脳の発達に必要な「葉酸」

ビタミンD値が高いとAMH値(卵巣予備能)が高く、妊娠率が上昇し、流産率が低下することが報告されており、「ビタミンD」は、卵巣機能や受精卵の子宮内への着床に関与することが分かっています。

厚生労働省の指針で、妊娠を希望される女性は、胎児の神経管閉鎖障害を予防するため、食事からだけでなくサプリメントから1日400μgの「葉酸」摂取が推奨されています。葉酸の働きを助けるビタミンB6とB12を配合しています。

90錠・90日分(1日1錠)

規格成分(1錠あたり)
葉酸 400μg,ビタミン D25μg,ビタミンB6 2.5mg,ビタミンB12 10μg,

ビタミンD+オメガ脂肪酸

妊娠に必要な栄養素「ビタミンD」に「DHA」と「EPA」をプラス

ビタミンD値が高いとAMH値(卵巣予備能)が高く、妊娠率が上昇し、流産率が低下することが報告されており、「ビタミンD」は、卵巣機能や受精卵の子宮内への着床に関与することが分かっています。

DHAやEPAは血流改善や脳・神経系に対する効果で広く知られている必須脂肪酸ですが、その血中濃度が高いと妊娠率や出産率が高いという報告もあります。

60カプセル・60日分(1日1カプセル)

規格成分(1カプセルあたり)
ビタミンD 25μg, EPA 34mg, DHA 14mg

亜鉛

受精卵の形成と胎児の成長に不可欠な「亜鉛」

「亜鉛」はタンパクやホルモンの合成分泌に必要なミネラルで、女性ホルモンの正常な分泌や、卵子の形成、受精卵の細胞分裂に必要となります。
吸収率が良くなるビタミンCを追加しています。

90錠・90日分(1日1カプセル)

規格成分(1カプセルあたり)
亜鉛 15mg,ビタミンC 20mg

ヘム鉄

妊娠と胎児の成長に必要なミネラル「鉄」
吸収率が高く、胃腸障害の少ない「ヘム鉄」を

妊娠や妊娠の継続に不可欠なミネラルの一種「鉄」は、約半分の日本人女性に不足していると言われています。ヘム鉄は肉や魚などに多く含まれ、野菜や穀類に豊富な非ヘム鉄に比べ2~3倍の吸収率があります。また非ヘム鉄に比べて胃腸に負担にならず体に優しい原料です。

60カプセル・30日分(1日2カプセル)

規格成分(2カプセルあたり)
鉄 9mg(ヘム鉄 450mg)

子宮内フローラ改善のために

ラクトフェリン

子宮内の乳酸菌(ラクトバチルス属)が低下すると、妊娠率が低下し、流産率が上昇することが報告されています。「ラクトフェリン」はタンパク質の一種で、乳酸菌の増殖を促す作用を持ちます。
胃での分解を防ぎ、腸まで届くよう、カプセルをコーティング化。
原料はBSEフリーのオセアニア牛の牛乳由来です。

90カプセル・30日分(1日3カプセル)

規格成分(3カプセルあたり)
ラクトフェリン 300mg

ラクトフローラ フォルテ(膣剤)

2種類の乳酸菌株が含まれる乳酸菌膣剤であり、膣内に挿入することで子宮内の乳酸菌フローラの回復が期待できます。

ソフトカプセル10個(1日1カプセル)

規格成分(1カプセルあたり)
乳酸菌数 2億以上

「妊活 ART学びカフェ」について

管理栄養士、医師、培養士、看護師による「妊娠に向けた体づくり」のための講座を開催しております。診療内ではなかなか聞けないお話を、手作りの低糖質スイーツを召し上がりながら、気軽に学んでみませんか?
当院に通院していなくても、妊活や当院の治療に興味ある方ならどなたでもご参加いただけます。

当ホームページ、お電話、受付にて申し込み可能です。

申し込みはこちら

×

1.適正体重をキープしよう

適正体重である(BMI18.5以上25未満)
BMI=体重(Kg)÷{身長(m)×身長(m)}

2.禁煙をしよう

・喫煙をしていない
・受動喫煙を避けている

3.アルコールを控える

アルコールを控えている(機会飲酒程度)

4.バランスの良い食事をこころがけよう

・1日3食摂取している
・タンパク質(肉・魚・卵など)を毎食片手盛り程度摂取している
・毎食、野菜料理を2~3品摂取している

5.葉酸(サプリメント含む)を摂取しよう

・葉酸の多い食事を摂取している(緑黄色野菜・レバー・果物など)
・葉酸サプリメントを服用している(1日400㎍以上1000㎍未満)

6.運動をしよう

150分/週 運動している

7.ストレスをためこまない

・悩み事を相談する相手がいる
・ストレスを発散する方法を実施できている

8.感染症のチェックをしよう

風疹抗体価が十分にある(風疹HI 32倍以上)、または風疹ワクチンを接種している

9.生活習慣病に気を付ける

・血圧は正常範囲内である(血圧130/80mmHg未満)
・生活習慣病のチェックをしているまたはそれに対して取り組んでいる

10.がんのチェックをしよう

・子宮頸がん検診を受けている(1年以内)
・乳がん検診を受けている(1年以内)

11.歯のチェックをしよう

歯科検診を受け、治療が済んでいる

12.家族の病気を知っておく

家族の持病を知っている(生活習慣病・遺伝性疾患・悪性腫瘍等)

13.持病と妊娠について知ろう(薬の内服についてなど)

・疾患のコントロールは良好である又は妊娠の許可がある
・妊娠後の服薬は継続する又は変更する必要性があるのか知っている
※こちらの項目は、通院中の疾患(甲状腺疾患・糖尿病・高血圧・精神疾患)のある方が対象です。

×

1.適正体重をキープしよう

適正体重である(BMI18.5以上25未満)
BMI=体重(Kg)÷{身長(m)×身長(m)}

2.禁煙をしよう

・喫煙をしていない
・受動喫煙を避けている

3.アルコールを控える

アルコールを控えている(機会飲酒程度)

4.バランスの良い食事をこころがけよう

・1日3食摂取している
・タンパク質(肉・魚・卵など)を毎食片手盛り程度摂取している
・毎食、野菜料理を2~3品摂取している

5.運動をしよう

150分/週 運動している

6.ストレスをためこまない

・悩み事を相談する相手がいる
・ストレスを発散する方法を実施できている

7.感染症のチェックをしよう

・風疹抗体価が十分にある、または風疹ワクチンを接種している
・感染症のチェック(B型肝炎・C型肝炎・梅毒・HIV)が済んでいる(1年以内)

8.生活習慣病に気を付ける

・血圧は正常範囲内である(血圧130/80mmHg未満)
・生活習慣病のチェックをしているまたはそれに対して取り組んでいる

9.がんのチェックをしよう

・がん検診を受けている(1年以内)

10.家族の病気を知っておく

家族の持病を知っている(生活習慣病・遺伝性疾患・悪性腫瘍等)

11.自分の病気について知ろう
(治療方針・薬の内服など)

疾患のコントロールは良好である又は不妊治療の許可がある