初診予約

再診予約

体外受精

不妊治療

体外受精

不妊治療

妊娠しない理由の多くは、何らかの原因で卵子と精子が出会えていないことです。
その最も効果的な治療は「卵子と精子を体外で出会わせる」こと、すなわち「体外受精」です。

自然周期・低刺激周期による体外受精

当院では、排卵誘発剤によって多数の卵子を育てるのではなく、体が選んだ質の高い卵子を採取することが重要と考え、薬剤は使用せず自然に発育した卵子による「自然周期」と、排卵誘発剤の使用量を必要最小限に減らした「低刺激周期」による体外受精を行っています。患者さま一人ひとりにとって最も適した投薬を行い、成熟した卵子に育てます。
この方法は、より自然なリズムで育った良好な卵子を採取できるだけでなく、ホルモン剤による副作用が少なく、体への負担をできる限り減らします。

毎日体外受精ができる診療体制

当院では、薬剤によって排卵日をコントロールすることはせず、自然の排卵に合わせて卵子を採取するために、土曜、日曜、祝日も体外受精を行っています。卵子の発育に合わせ、最適なタイミングで治療する、ということが重要と考えております(年末年始は休診となります)。

体外受精の流れ

STEP1 卵巣刺激

当院の診察では毎回、ホルモン検査と超音波検査を行います。患者さま一人ひとり状態の異なるホルモン値、卵胞径、過去の排卵パターンなどを総合的に評価し、十分成熟した排卵直前の卵子を採取できるよう、最適な採卵日を決定します。

自然周期

排卵誘発剤を全く使用しない方法です。自分自身から出る女性ホルモンが卵胞を発育させます。

低刺激法(マイルド法)

クロミッド周期

クロミッド(排卵誘発剤)を月経周期3日目から採卵決定日まで内服します。
状態により、HMG製剤やr-FSH製剤を併用します。

レトロゾール周期

レトロゾールを月経周期3日目から5日間内服し、卵胞を発育させる方法です。
状態により、HMG製剤やr-FSH製剤を併用します。

各図に利用されているイラストについて

STEP2 採卵

当院で行う自然周期や低刺激法による体外受精では、穿刺する卵胞数が1個~数個のため、麻酔をしないで採卵を行っています。極細の採卵針を用い、患者さまの痛みをできる限り減らせるよう心がけて処置しております。 麻酔をしないことで、副作用の心配もなく、安静が必要ないため、採卵後はすぐに帰宅できます。
痛みがご心配な方には、採卵前の鎮痛剤の使用や局所麻酔などもありますのでご相談ください。

STEP3 媒精・受精

卵子と精子を出会わせて受精させることを「媒精」と呼びます。通常の体外受精と顕微授精の2通りがあります。

体外受精(conventional IVF=cIVF)

採卵にて採取した卵子と、精液処理を行った後の運動性が高い精子を培養液内で一緒にします。
卵子に精子をふりかけるイメージです。多くの精子が協力しあい、卵子の周りにある卵丘細胞を崩します。
最終的に卵子に到達した精子が卵子の中へ侵入することで受精が起こります。

顕微授精(ICSI)

顕微鏡下で精子を高倍率で観察し、状態の良い1つの精子を選んで、細いガラス管(ピペット)を用いて卵子の細胞質内に注入して受精させる方法です。精液所見が不良な男性不妊症の方や通常の体外受精では受精卵を得られない場合に行います。

当院では全例ピエゾICSIと呼ばれる方法で行っています。先端が平坦なピペットを圧電素子によって振動させ卵子の細胞膜に穴を開ける方法で、従来法と比較し卵子への負担が軽減し、正常受精率が上昇しました。
また、当院では紡錘体を観察することができる機器を導入しており、顕微授精に適した時期を同定し、ピペットによる紡錘体の損傷を防ぐことができ、より安全で確実な顕微授精を目指しています。

STEP4 培養

受精卵は、細胞分裂を開始すると「胚」と呼ばれます。
胚は、インキュベーターと呼ばれる温度とガス濃度をコントロールし、体内と似た環境を作ることができる機械の中、専用の培養液で「培養」します。

STEP5 胚移植

胚の着床しやすいホルモン状態と子宮内環境が整った時、胚を子宮内に戻すことを「胚移植」と呼びます。胚移植方法については、患者さまや胚の状態により選択します。

分割期胚移植

受精後 2~3 日の「分割期胚」を移植する方法です。

胚盤胞移植

受精卵を 5日培養し、「胚盤胞」と呼ばれる着床寸前の胚を移植する方法です。

STEP6 妊娠判定

採卵から14日後に血液検査を行い、妊娠の有無を判定します。

1.タイミング法

排卵日を予測し、性交を行うタイミングを指導する不妊治療法です。排卵日の2日前から排卵日までに性交渉があると妊娠しやすいと言われています。
当院では経腟超音波検査による卵胞径計測に加え、ホルモン検査(血中エストラジオール、血中LH)を組み合わせ、的確な時期にタイミング指導を行います。
性交障害の方にはシリンジ法(自己注入法)の指導を行っております。

2.排卵誘発法

排卵誘発剤(内服薬や注射薬)によって卵巣を刺激して排卵を起こさせる方法です。通常、排卵のない方や排卵が起こりにくい方に行います。多胎妊娠予防のため、誘発剤使用は慎重に行っております。生殖補助医療の際にも使用します。

3.内視鏡手術

腹腔鏡手術では、子宮内膜症や子宮筋腫、卵管水腫などの治療を行います。子宮鏡手術では、妊娠の妨げになるような子宮内のポリープや子宮筋腫を切除することができます。

4.人工授精

精液を調整して運動精子を集め、排卵の時期に合わせて細いチューブを用いて子宮内に注入する不妊治療法です。軽度男性不妊症(精子が少ない・運動率が低い)、ヒューナー検査が不良の方(頚管粘液分泌不全など)、性交障害の方が適応となります。 

5.体外受精・顕微授精

「体外受精」とは、卵巣から卵を採取し(採卵)、体外で精子と受精させ、後日受精卵を子宮内に戻します(胚移植)。 一般不妊治療では妊娠が困難な、卵管性不妊症(卵管閉塞などの卵管通過障害)、男性不妊症、免疫性不妊症(抗精子抗体陽性)、原因不明不妊症が適応となります。
高度男性不妊症の方や体外受精で受精しない場合は、細いガラス管を使って卵の中に直接一つの精子を注入して受精させる「顕微授精」を行います。

詳しくはこちら

ホルモン検査について

当院では、下記のホルモン検査を行います。
その日の診療内容により、必要な検査を組み合わせて行い、治療を進めます。

E2(エストロゲン)卵胞ホルモン

卵胞の成熟により分泌され、卵胞期の子宮内膜を厚くし、排卵前に子宮頸管粘液量を増加させる働きがあります。このホルモン値により、卵胞の発育状態を予測できます。

LH 黄体化ホルモン

脳下垂体から分泌されるホルモンで、卵胞の成熟・排卵・黄体化を促す働きがあります。

P4(プロゲステロン)黄体ホルモン

排卵後、卵巣内にできる黄体から分泌されるホルモンです。
子宮内膜に作用し、胚を着床しやすい環境に整える働きがあります。またプロゲステロンの分泌によって基礎体温が上昇します。

FSH 卵胞刺激ホルモン

脳下垂体から分泌されるホルモンで、卵巣に作用し、卵胞の発育を促す働きがあります。

HCG ヒト絨毛性ゴナドトロピン

妊娠成立後に胎児の栄養膜合胞体層より作られます。黄体を維持して、黄体ホルモン低下を防ぎ、妊娠を維持します。妊娠が成立しているか、妊娠が順調に経過しているのかを判断できます。