初診予約

再診予約

一般不妊検査

妊娠しない原因を見つけましょう
原因を知ることで、ご自分に合った治療法が見つかります。
当院では、妊娠しない理由を患者さまごとにしっかりと把握し、できるだけ体に負担のかからない治療を提案しております。

当院では、妊娠しない理由を患者さまごとにしっかりと把握し、できるだけ体に負担のかからない治療を提案しております。

主な初期検査

1.卵管造影検査

造影剤を用いて、レントゲン撮影を行い卵管の通過性を確認します。

2.ヒューナーテスト(性交後検査)

適切な時期に性交渉を行い、翌日子宮頸管粘液を調べ精子の遡上を見る検査です。

3.超音波検査

子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)、卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)などが不妊の原因になることがあります。

4.血液検査

感染症検査(HBS抗原、HCV抗体、HIV抗原抗体、RPR定性、TP抗体定性、クラミジア、フウシン抗体価)
内分泌・不妊関連検査(HbA1C、プロラクチン、TSH、AMH、ビタミンD、亜鉛、フェリチン)
一般生化学検査(総蛋白、アルブミン、総ビリルビン、AST、ALT、総コレステロール、尿素窒素、クレアチニン、ナトリウム、クロール)
ホルモン値検査(E2、LH、P4、FSH、HCG)

5.精液検査

精液量・精子濃度・運動率・奇形率を見る検査です。
※精液検査の結果は日々変動するため、悪い結果が出た場合でも、再検査をして問題がないこともあります。