診療時間
027-310-7701 お問い合わせ 交通アクセス
はじめての方へ

基礎体温表

女性の基礎体温は低温期と高温期にわけられます。排卵が起きるのは、低温期から高温期に移る直前の体温のもっとも低い時期です。卵子の受精能力は約24時間、精子は約3~5日間なので、排卵日前後2~3日間が最も妊娠しやすい時期となります。
基礎体温測定することで、具体的な「妊娠しやすい日(排卵日)」がわかるようになるものが基礎体温表です。

食生活を見直す

妊娠しやすい身体をつくるためには、食生活も大切なポイントになります。「全ての細胞のもとになるたんぱく質を摂ること」を中心に、以下の食材をメインとしたメニューを取り入れてみましょう。

ビタミンCとEを含む食材

抗酸化作用が強く、卵子の老化を遅らせる若返りビタミンCとEを積極的に摂りましょう。

→ <ビタミンC> パプリカ、レモン、ゆずの皮、アセロラジュース、パセリ、芽キャベツ、ピーマン、ゴーヤ、柿、キウイ、モロヘイヤ、いちごなど
→ <ビタミンE> あんこうの肝、すじこ、いくら、あゆ、いわし、たらこ、めんたいこ、モロヘイヤ、だいこん葉、かぼちゃ、うなぎなど

血行を促進する食材

体を温めて血行を良くすると言われる食材を摂って、めぐりを良くしておきましょう。

→ 玄米、豆類・ナッツ、根菜(ニンジン、レンコン、ゴボウ、山芋)、しょうが、ねぎ、たまねぎ、とうがらし、にんにくなど

女性ホルモンを高める食材

排卵を促す女性ホルモンを高める効果がある食材を摂りましょう。

→ かぼちゃ、卵、大豆、みそ、納豆、キャベツ、ナッツなど

よくあるご質問
自然周期による体外受精 患者様からの声 不妊治療